ブログトップ

ペペと花と

2015/11/20  マダガスカルで前代未聞の大怪我をする

10月10日 日本を出発。バンコク経由で到着したのは マダガスカルの首都アンタナナリボ。

そして 本来ならこのマダガスカル旅行記のアップで「ぺぺと花と」も 今頃は賑わってたはずですが、、、、、

とんでもないハプニングで、この一か月間、秋という季節を感ずることもなく、ひたすら病院生活を送っていました

d0122187_19231222.jpg


上の写真は怪我の翌々日 やっと、ヨハネスブルグから飛んできたチャーター医療機のドクター達に
あっという間にキャリーバッグに収められている私です

それはマダガスカル到着翌日、ノシベというリゾート地で起きた出来事で観光は今からって時の事です

d0122187_1930329.jpg


お迎えのエアーアンビュランス(まっ!分かりやすく言えば、空飛ぶ救急車ってことです)に乗せられ

d0122187_1301584.jpg


ぐるぐる簀巻きにされたまま、首都のアンタナナリボの空港迄 そのジェット機の速いこと速いこと!!
アンタナナリボから来るときは チャーター機でノシベ迄二時間半かかったのに、今回はたったの一時間です

生まれて初めて飛行機がサイレン鳴らすのを聞きました。
タナ到着直前 雲か霧の中を抜ける時、まるで回りの飛行機を蹴散らすように鳴らし続けた警笛
いやぁ~~~何度も飛行機には乗ってますが 飛行機の警笛音なんて初めて聞きましたよ

そして空港到着後は、待っていた救急車にそのまま乗せられアンタナナリボで一番という民間病院ポリ・クリニックへ直行!

d0122187_19343590.jpg


ロビーはなかなかのものですが、

d0122187_19382652.jpg


医療器械なんか日本の中古車みたいなものばかり、血圧計のゴムが何度抜けたことか、、、(笑)

しかし仕事がなく人手余りのお国ですから、病院中どこに移動するにも こんなに多くのスタッフが付き添って
まるでビップ?気分??

d0122187_19504261.jpg


事故の顛末、そしてその後マダガスカルからどうやって日本迄帰ってきたか?

それは又次回にアップさせてください

マダガスカル観光ツアーが、マダガスカル医療ツアーになった今回の私の旅でした

注) 写真の下の時刻は日本時間で マダガスカル時間はこれからマイナス6時間です!
[PR]
by pepe-garden | 2015-11-20 20:01

これは、Mシュナウザーの私とガーデニング大好きなママとの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31