ブログトップ

ペペと花と

2017/03/24 柳川藩主立花邸「御花」の半日

春は名~のみーぞ~~♪という歌詞通りの三月十八日

その名も西鉄電車「水都」に揺られること50分

私達は水郷で有名な柳川駅に到着し、そこからタクシーに乗り10分

約300年の歴史をもつ柳川藩主立花家の別邸「御花」を訪れました。

明治初期伯爵となった立花寛治が新しく造営したという和と洋が見事に融合した邸宅と広大な庭園は
当時の姿をとどめ 今では「御花」と呼ばれています

まず当時の迎賓館、今は西洋館と呼ばれる建物の前で記念の一枚をパチリ!

d0122187_12332660.jpg
後ろのソテツは樹齢100年だそうですが、見事です★

まず敷地のすぐ右手にある 柳川藩由来の史料館に入ってみました

戦国時代豊臣方に馳せ参じ失脚するも、大阪の陣で功績を上げ 柳川藩11万石の基礎を築いた立花家の史料館ですから

想像以上にたくさんの歴史資料や歴史ある工芸品に触れることができ 正直期待以上の見応えでした

d0122187_12430324.jpg
括目したのは、お雛人形の原型ともいうべき 古い人形の数々。。。。。これは なかなか他では見れないようなものです

なにしろこの時期ですから 建物のあちこちに柳川で有名な下げもんやお雛さまが飾られています
回りに「綺麗っ!」って言葉が飛び交います

d0122187_12470854.jpg
そしてお昼も近くなり、国の重要文化財指定のお屋敷内へと~~~

d0122187_12490183.jpg
本来、国指定を受けている建物内で お料理を供することは禁じられているのだそうですが
ここ「御花」は例外です

聞くところによると 指定を受けた時、すでにこの邸宅内で料亭を営業していたとのこと

それでそのまま営業が許可されたのだそうですが、その例外は日本でも、ここ「御花」だけって言いますから

私達 凄い場所でお食事したわけです



次々運ばれて来るお料理は春らしく上品なお味付、でも今日は最初の前菜と最後の留めだけをスマホで撮影

d0122187_12562466.jpg
理由は、これだけのお庭を眺めることと 楽しいお喋りの時間に余裕が無かったってことなんです

d0122187_12582056.jpg
280本の松の木と無数の石で作られた広大な池を眺めながら、至福のひと時

何処からともなく船下りの船頭さんの唄も聞こえてきます♪

d0122187_13010942.jpg
帰り玄関を出ると、柳川出身の力士「琴奨菊」の幟り旗が、はためいています

彼が美しい婚約者を伴って、大関優勝船パレードを行ったのは この船着き場からだったのかしら

d0122187_13225920.jpg

帰宅してテレビをつければ、琴奨菊今日もあっけなく敗れてガッカリ

もっと頑張ってくださいよーーーー

柳川の「御花」さんも立派な幟を上げて応援してましたよーーー

[PR]
by pepe-garden | 2017-03-24 13:06

これは、Mシュナウザーの私とガーデニング大好きなママとの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31