ブログトップ

ペペと花と

2017/05/17  ムハと草間やよい、いずれも新国立美術館で

今月は超々多忙で この日を逃すともう行けるチャンスは無いと

5/17(水)一人JALに飛び乗り(と言ってもチケットは予約してましたが)二年振りに上京しました

目的は一つだけなので、10時の便で発ち、帰りは18時55分羽田発の日帰りです

到着後はモノレールで浜松町に出ると、すぐタクシーで目指す新国立美術館へ~~~

そこではただ今

この二つの展覧会が同じ建物の一階と二階で同時開催中なのです


d0122187_20525135.jpg
d0122187_20530953.jpg

覚悟はして行きましたが 今までとは大違い、凄い人出と行列です

d0122187_20561131.jpg
作品を見るのだって、このありさまです

d0122187_20584310.jpg

大勢の人の頭の上にある作品が大きいので私にも十分見れるのですが。。。。

プラハの美術館でも見れなかったムハ(日本人はミュシャと言いますが、私は現地の発音通りムハと言います)
ムハと言えばほとんどの人が たおやかで美しい女性のポスター絵とかリトを思い出すでしょうが、
今回来日している作品のメインは「スラブ叙事詩」と言われている20枚の油絵の大作です。

どの絵にも一人は凄い眼光の険しい表情の人が描かれています

d0122187_21061673.jpg
それはまるで私達にムハの思いを訴えているようにも見えます

数百年前の宗教戦争、民族戦争を描いたたくさんの歴史画ともいえる絵の中で
農奴解放を描いたこの絵の中のワンちゃん、今広場に居るペペのお友達となんら変わらない!

古代エジプトの壁画にも描かれていたワンちゃん、
犬たちは長い歴史の中で、常に人間の傍らに居たことが分る


d0122187_21082892.jpg

この会場に入るために並んだ時間は、看板の表示通り「ただ今の待ち時間40分」に相違ありませんでした
  (文字通り看板に偽りなし!)

説明ガイドのイヤーホンを借りて、ゆっくりと絵の解説を聞きながら回った時間は約一時間。

それからランチ&コーヒータイムをとりましたが、それをゲットするにも20分の行列でした

まるで「草間やよい展」へといざなってくれるように、テラスの前の木々には赤いドットが巻かれています

d0122187_21134858.jpg


こちらの会場も結構並びましたよ


本当に博多からわざわざ飛行機で来ているのでなければ、もうギブアップして帰ったかもしれません

d0122187_21161829.jpg



草間やよいは数年前、直島で見てはいましたが、今回は彼女の全人生をまるで告白でもするかのように展示してあるのです

そして、ここもムハの会場と同じ!人人人です



d0122187_21184862.jpg
d0122187_21322065.jpg



こんな部屋もありました

入口で一人づつに配られるステッカーシールを、、、、顔に貼って(まっ、別にどこに貼ってもいいのですが)



d0122187_21335222.jpg


草間やよい、狂気?じみたドット模様に配色。。。。

彼女にはムハの後だけに、そして凡人の私には少々疲れるものはありましたが

この人気。。。分からないでもありません

外に出るとそれでもまだ五時前、遠くにかすむ東京タワー(赤い↓印)が、、、、、



d0122187_21385031.jpg



数年前息子の部屋から見えたあのタワーも本当に久しぶりで、とてつもなく懐かしい気持ちに襲われました

美術館前に並ぶタクシーに乗り再び浜松町へ~~  タクシー代わずか1520円?だったかな

最近東京で、私はタクシーをよく利用します

上手に使えば以外に安くて 利便性もよく、何より時間が節約でき体力の無駄使いをしなくて済むからです





[PR]
by pepe-garden | 2017-05-18 21:44

これは、Mシュナウザーの私とガーデニング大好きなママとの日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31