2017年 05月 04日 ( 1 )

40年近く博多に住んでいながら、一度も「博多どんたく祭り」に出かけたことのない私です

人ごみに揉まれるのも、暑い日差しの中に出るのも 交通渋滞も大嫌いっ! ということで
この日ばかりは おとなしく家の中か、ぺぺと近所を散歩して過ごすというのが例年のスタンスでした

が、今年は初めて「料亭老松でゆったり祝う博多どんたく」のお誘いを受け行ってきました

これなら老舗のお座敷で ゆっくり、ゆったりご馳走をいただきながら
「博多松囃子・稚児舞・博多仁和加」全部が見れそうで私向き!

今日はどんたくなので、道が混むのでは?と30分早くタクシー呼びました

老松の前に到着すると すぐお迎えの人がこられ、下足番の方もご丁寧で、
若女将さんも笑顔で迎えてくださり、たった二度目なのに顔を覚えて下さってるなんて、さすがです☆


d0122187_12023504.jpg

最近撮り忘れが多いので、お料理の写真は前菜しか写さないことに決めました。
なんて下手なアングル! 
手前のかぼちゃは端午の節句にちなんで、兜の形にカットしてあるのに、これでは分からないわ~~


d0122187_12050865.jpg


老松のお料理はいつも食材と味付けが本当に上品で美味しいと口の肥えてらっしゃる皆さんがおっしゃいますね
もちろん私もそう思います

食べてお昼間から飲んで、お喋りに二時間

いよいよ大広間に移動して、出張してくださった「どんたく隊」の見物です

まずは博多券番からの芸伎さんたちのあでやかな踊りで幕開けです



d0122187_12111054.jpg



一月の「料亭嵯峨野の女正月」の時 お会いした芸子さんも何名かいらっしゃって、
お互い顔を覚えていたので、一緒に記念写真をパチリ!!!



d0122187_12132677.jpg



つぎは「博多仁和加」私も博多仁和加を見るのは初めてですが、笑いころげました。
そっ!笑わなければ知性が疑われますから(笑)

今で言う漫才とも違うお笑い芸人とも違う、なんと言っていいのか、、、、



d0122187_12170039.jpg


最後が「稚児舞」ですが、古式にのっとって昔スタイルそのままなんだそうですよ

大勢の唄い方を引き連れ



d0122187_12200139.jpg


数名の男の子の笛太鼓、そしてたった一人の女の子が舞うのですが、みんな大人顔負けなくらいお上手で驚きました



d0122187_12214650.jpg



毎年、どんたくの日には必ず雨が降ると言われてますが、今日は五月晴れ、、、と思いきや

宴たけなわの頃、ひどい雷に土砂降りの雨にあられまでピンピン音を立て、空は真っ暗

後から聞くと、博多どんたく祭りの会場は一瞬修羅場になって、急遽中断、大変だったそうです

その頃私達はお座敷でしたが、この悪天候への激変ぶりは部屋まで響いてきました

帰りお迎えに呼んだタクシードライバーさんが、
「お客さん、少し前だったらタクシーも居なかったですよ~~ 大変でしたから」と。

で、せっかく「仁和加」を見たのですから、私も一句作ってみました。

仁和加の原則は博多弁を使うこと、必ずお面をつけて演じること
同音異義の言葉で締めくくることでオチがつくそうですが、、、、

上手くいきますか~~~(笑)

「仁和加ば見に行って、お天気はどうやったね?」「にわか雨たい!」


by pepe-garden | 2017-05-04 12:36