ペペと花と pepegarden.exblog.jp

これは、Mシュナウザーの私とガーデニング大好きなママとの日記です。


by ぺぺママ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

本当に久しぶりにパソコンに向かっています!

わたくし、しばらく母と一緒に有料老人ホームの体験入居をしていました。

この前お伝えしたように、これまで家から離れることを拒み続けていた母です。
でも今回、実家裏のノリ面のコンクリートが劣化し、その修理工事の必要に迫られたので
「工事が始まると家の中にはうるさくて居れないから、二人でどこかに避難しよう!」
と 以前から申し込んでいた有料老人ホームへ母を誘い出しました。

最初 老人ホームという言葉に難色を示していた母でしたが、
建設会社の人が工事説明に来られると、事の重要性を感じたのか・・・・
渋々納得してくれたのです。

体験という形で入るだけだから、、、、、、
工事が終わったら、また家に帰るのだから、、、、、
私も一緒に入るのだから、、、、
と、言い聞かせやっと連れて行くことに成功!

いずれかの将来 私もお世話になる所、、、、 
そう思いながらお年寄りの方達と過ごしたこの数日間の貴重な体験。
機会があれば是非ブログアップしたいものです。

で、そこでの生活に少し慣れ落ち着いて来た母を見届け 
ここ数日一旦我が家に帰ってきました。


さて、その間ペペは?? 仲良しのケリーちゃんのお宅に預かっていただいてました。

d0122187_133765.jpg


いつもながら、ケリーママからの温かい写メール☆

d0122187_1343728.jpg


ペペは毎日ケリーママのお布団で、ベッタリ ママにくっついて寝ていたそうです。
(左で長くなってるのが、ケリーちゃん、右でまだ起きてるのがぺぺです)

d0122187_1362790.jpg


そして、その間パパは??
友人の結婚披露宴が六本木のグランドハイアットホテルであり、出席していました。

パティシエの鎧塚俊彦さんと女優の川島なお美さんの結婚披露パーティでした。

d0122187_1383616.jpg


パパの目の前が新郎新婦のメインテーブルだったのに、写真の一枚も撮ってきてくれてない(>_<)
私ならデジカメなくても携帯で撮ったのに、、、、

でも沢山の引き出物と、刺激的でワクワクするお土産話の数々♪♪
今までの結婚披露宴とは何もかもが違うので ついついパパに質問攻めする私でした。

d0122187_1441276.jpg


新郎新婦はワインが取り持つ縁で結ばれたそうで、当日の引き出物にもワイングラスが。

d0122187_1455888.jpg


これはワインかと思いきや、お水なんですって!
この日の模様をテレビで見てた友人の一人が
「その水一万円もするんだって!今度飲ませてね!!」って言ってました。
確かにボトルが凝っていて、中身よりそれでお高いのでは?
それとYUMI KATURAプロデュースの水というブランドでしょうね。
 
d0122187_1513266.jpg


そしてこれらは、女優川島なお美グッヅとでも言うのかしら?

d0122187_1565718.jpg


中でも、この女優ミラーは横のボタンを押すとどんな暗いところでも使えるように
左右六箇所からLEDの光が点灯する優れものです☆

d0122187_1585344.jpg


でも、、、、 何と言っても新郎手作りのこの引き菓子が一番です☆

d0122187_2304514.jpg


何しろ芸能界音痴のパパですから、石田純一さんに話しかけられても
「ほら、はだしで靴履いてる人よ」とか
神田うのちゃんの事は「・・・・・」と。

ただ 出されたお料理の事だけはしっかり覚えていて詳しく語ってくれたのですが、
もうもう垂涎ものです!
これがそのメニューですが、長いこと長いこと!
ソムリエ川島なお美プロデュースのワインに始まり
新郎鎧塚氏の心のこもったデセールまで全てが一流料理人の手によるものばかり。。。。
ちなみにフレンチは鉄人坂井と三國シェフのコラボ
イタリアンは片岡シェフと落合シェフのコラボレーション(メニューに書いてあるのです)

主人は最後の「トリフの炊き込みご飯」が印象的だったそうで、もう羨ましいっ!!

d0122187_263637.jpg


当日の様子を伝える写真がないのが残念ですが、
テレビで披露宴の様子を見てたという友人から
「パパさん、新婦のお色直し登場の時一瞬映ったわよ」とメールが来ました。
(その頃私は母と一緒にホームで、、、、何してたのかしら?)


そして最後、友人の一人から来たメール
「ねぇ、こんな結婚披露宴って、お祝儀、いくらぐらい包むの?」ですって!
[PR]
by pepe-garden | 2009-06-25 02:58
しばらくブログをお休みしていましたが、先週はずーっと実家に帰っていました。

実は88歳になる一人暮らしの母のことで。

十数年前、家を建てた時 将来のことを考え母には同居を提案したのですが
「お父さんと暮らしたこの家を離れたくない!」と断るようなしっかりした人でした。
もともと自立心が強く、なんと昨年末まで車を運転し、
シャンソン教室に通いながら唄を趣味に明るく暮らしてくれていたのです。

しかし昨秋「米寿の祝い」を期に運転を止めるよう皆で説得し、
やっと愛車を廃車処分してもらい、周りがホットしたもつかの間
今年になって、認知症が進み始め 今では一人暮らしも危うい状態です。

いつかこういう日が来ることを予想し、三年前妹と相談して
実家の近くに素晴らしい老人施設ができた時
すぐに入居申し込みを済ませておきました。
人気の高い施設はどこも順番待ちが長く今回やっと順番が廻ってきたようなしだいです。


「渡りに船」とはこの事と 早速、先週母を連れ妹夫婦と入居契約に行って参りました。
が、そこで予想もしない事態が起きて。。。。。。
母が突然「こんな所には絶対入らないからね!私は帰ります」と部屋を出ようとします。
こうなると、もう誰が何と言おうと駄目でその日は仕方なく契約書を貰って帰ってきました。

見学に行った時は入居を承知したはずなのに、今となって急に心変りしたのでしょうか。

で、家に帰ると
「この家はお父さんが気に入って建てたもの。。。私はここで死のうと思ってるのよ」と。。。
それから仏壇にチーーン!!
「お父さん、娘達が施設に入れようするけど私を守ってね!」と手を合わせています。

母の認知度は会う毎にひどくなって、毎月行くたびに記憶が薄れ
それはまるで序々に毀れていく母を見ているようで 私にはとても悲しく辛い事です。

今までドラマや小説の中の出来事と思っていたことが自分の目の前で日常的に起き
その対処に不慣れな私は身も心もボロボロになりそうな時があります。
自分の血を分けた母だけに、昔、人一倍しっかりしていた母だけに、、、、、
私には母がボケるというシチュエーションだけは考えられませんでした。

なにか愚痴話になりましたが、 結論は今回私の決心したこと!
これから何年か分からないけど、とにかくこの世でたった一人の私を生んでくれた母。
この母の面倒をのちのち後悔することの無いように一生懸命みて行こう!

数日後は又母の所に参ります。
これからは、しょっちゅう行く事になると思います。
ぺぺちゃんは、今回はケリーちゃんのところに初めてお泊りしてくれました。
ママにちゃんと協力してくれて、、、もちろんケリー家の皆さんにも助けていただきました。
ケリーママは実家にいる私がペペの事を心配しないようにと、
時々写メールを送って下さいました。

初日まだケリーの家に慣れないのか、ケリーのバトルの誘いにも乗ってこないで
少し緊張していたそうです。

d0122187_2141177.jpg


でも二日目からは、すっかり慣れ朝からバトルごっこ!
夜はケリーママのお布団でママと一緒に寝たそうです☆

d0122187_21423252.jpg


ケリーのお姉ちゃんもハワイの高校が夏休みに入り帰国しているし、高校生のお兄ちゃんもいるし
目の前は大濠公園だし、、、朝晩しっかりお散歩していただき、
本当に楽しかったようです。帰宅してもなんかボーっとして寂しそうでしたよ!

近いうち又お願いすることになっていますが、ぺぺ、第二のハウスが出来て良かったね!

今日は一週間ぶりに九電広場でいつもの仲間に会いました。
チャッピーちゃんに歓迎のキスをしてもらって、ビックリまなこのぺぺちゃんでーーす♪

d0122187_21473624.jpg



そういう事情でこれから、このブログの更新も遅れることになりそうですし
パソコンから離れた生活が多く コメントへのお返事も出来ないと思いますので
しばらくコメント欄を閉じさせていただくことに。。。。

時々は日記形式で ペペの記録だけは残したいなと思いますが
何分母の事第一で、事情もどのように変って行くか分かりません

今度ぺぺも新幹線に乗せて、母の所に連れて行ってみようかと考えています
記憶がはがれて行く母も何故かペペの写真を見せると大喜びしますので。

では皆さんお元気で!!
もしコメント開始できる余裕が出来たときには、又よろしくお願いいたします。
[PR]
by pepe-garden | 2009-06-14 22:23