中国大連の「アカシア祭り」に行って来ました。

私の卒業した高校の校花はアカシアだったのですが、
今思い出そうにも果たしてアカシアの花がどんな花だったのか。。。。
正確には思い出せないのです。。。

で、アカシアの花の本場、中国大連の「アカシア祭り」を目指して行ったのですが、、、、、

今年は異常気象で、開花が一ヵ月遅れているとか
こんなにたくさんあるのに、どれもこれも蕾ばかり・・・・

やっと見つけた、この一本★★★ 何とか開花してましたあ~~☆

d0122187_21345429.jpg


アカシアの花は、形も匂いも日本の藤の花に良く似ています。

d0122187_21373930.jpg


どうやらマメ科の植物のようで、我が家の近所で見かける「えんじゅ」の花にも似ているような、、、、

旧日本人街のこのアカシア並木、もし満開ならどんなに綺麗なことでしょう!(ため息)


d0122187_21401182.jpg


夜は大連市内の公園で行われた「アカシア祭り」へと~~~~~

日本から花巻市長が来ての挨拶、、、もしかして花巻市と大連市が姉妹都市???

日本の演歌や日本語の挨拶が飛び交い、日中友好の風吹くお祭りでした♪♪

d0122187_2143694.jpg


お祭りと来れば、夜店★  どこの国も同じです

ここは、鯉のぼりを売っているお店!!

d0122187_21441959.jpg


結局楽しみにしていた満開のアカシアは見れず、
日露戦争時代の激戦地跡などなどの見学をしたのですが

d0122187_21471152.jpg


d0122187_21483419.jpg


d0122187_214992.jpg


司馬遼太郎の「坂の上の雲」で読んだ場面と目の前の景色が重なり
「戦争の悲惨さ」その言葉しか思いつかず、またその言葉に縛られるような時間であり空間でした。

d0122187_2152212.jpg


どこかに残る古い中国

d0122187_2153311.jpg


そして、ビシビシと肌に感じる新しい中国

d0122187_21545142.jpg


日本人が残したノスタルジックな中国  
(大正時代に建てられたものとは思えない程立派な「ヤマトホテル」です)

d0122187_2156846.jpg



今まさに発展途上を突き進んでいる中国を
こんなベルサイユ宮殿のようなレストランの内装にもかんじるのでした。

d0122187_21593637.jpg


センスの良いテーブルセッティングに、豪華なインテリア★
博多の町でも見ることのできない総大理石造りのレストランにビックリ!!

d0122187_221122.jpg


そして本場中国大連の海鮮料理の美味しかったこと!!

d0122187_222408.jpg
d0122187_2235137.jpg


第一目的にしていた満開のアカシアは見れなかったけど、
美味しいものも食べたし、「坂の上の雲ツアー?」もしたし、

「まっ!いいか」と自分を納得させながら、大連空港より大連の街を後にしました。

d0122187_2271180.jpg


いつか必ず、満開のアカシアの並木通りを歩くからね~~♪


その頃この街はどんなに変っていることだろう??

現在取り壊されつつあるこれらの旧日本人家屋(満鉄社宅)などは、もう見れない事でしょう!

d0122187_22415825.jpg


帰国してすぐ友人からの電話 「札幌でアカシアの花満開だってよ~」 

  ぎゃっ!

 
by pepe-garden | 2010-06-01 22:32