ブログトップ

ペペと花と

<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2011/06/28         グランドキャニオンへは日帰りで♪

ラスベガスからグランドキャニオンには、セスナ機での日帰りツアーが出ています。

ルート66を走り、ゆっくり大陸の景色を楽しみながら、グランドキャニオン迄行く方法もありますが、軽飛行機でわずか片道50分という点が、長時間バスの苦手な私にとっては大きな魅力でした。

ホテルからグランドキャニオン行きのエアーポートまでは、すぐです。

えーーーっ!こんなちっこい飛行機で?  (分かってはいたものの、現実の機体を目の前にすると、ちょっと不安が、、、、)

d0122187_1741322.jpg


とりあえず乗り込みましたが、ガタガタの古い機体。 大丈夫かいな??? 今にも破れそうな翼にぎゃっ!

d0122187_1742196.jpg


12名で ぎっしり満員の状態ですが不思議にクーラーはガンガン効いてて、
途中寒いくらいでしたが、とにかく上下左右によく揺れるのには参りました(;´д`)

d0122187_17435118.jpg


飛び立ったと思う間もなくもうこんな景色が眼下に広がっています。。

砂漠の中にまるでゴマを撒き散らしたように見える黒点は、植林の苗木なのです。
ところどころに立つ細い鉄塔は散水機なのでしょうか?

d0122187_17542479.jpg


へぇーーーーー砂漠の緑化かぁ~~と妙に感心していると、景色は一変!
いつの間にか コロラド川が蛇行し始めています。

d0122187_18141231.jpg


ラスベガスを離れ、数分しか飛んでないというのに茫洋たる砂漠は終わり、川を中心に大地は裂け、破れ、、、

d0122187_18155111.jpg


まるでグランドキャニオンへの序曲が始まっているような、そんな光景が前方より広がって来ます!

d0122187_18192888.jpg


グランドキャニオンといかないまでも、ここはもしかしてスモールキャニオン??

d0122187_18173339.jpg



このような風景が延々と続く中、飛ぶ事一時間弱、、揺れにより多少酔いましたが 何とか無事到着☆ 

飛行場からはお迎えのミニバスで、いよいよ目指すは世界自然遺産のグランドキャニオンです!!

d0122187_18232945.jpg


最初のビューポイントである「ブライトエンジェル」に到着! バスから降り、はやる気持ちを抑えてポイントまで歩く事2・3分、、、その間ワクワク┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キ♪♪


じゃーーーーん!! 一番に先に飛び込んできた景色で 一番最初に押したシャッターの映像がこれです!(デジカメの設定が間違っていたのか、肝心のところで写真の映りが全部悪い!)

d0122187_21263351.jpg


20億年間かかって出来上がった地層、、、そのなんとも不思議な光景を前にして言葉が見つかりません。

ただただ呆然と眺めるのみです。

d0122187_18292024.jpg


ふと足元を見れば、観光客慣れした「リス」が近寄って来て。。。。

d0122187_18311850.jpg


夢に見たグランドキャニオン、私の中で今回の旅のハイライト☆ ここは是非記念の一枚を撮らなければ

d0122187_18323079.jpg


それから再びバスに乗って、第二のポイント「マーサーポイント」へと移動~~~~~

地層、断層が目の前に迫り、相当な迫力★ 地球の不思議さに息を呑みます☆

d0122187_18344436.jpg


d0122187_1835894.jpg


d0122187_18384255.jpg


d0122187_18353280.jpg


別れがたい思いを胸に、帰りの飛行機に、、、、

先ほどまで目の前に広がっていたあの雄大な景色を、今度は目の下にして、一路ラスベガスへ

d0122187_1842288.jpg


短いような長いような一日。。。確かな事は充実し満足できた一日だったという事です。

そして、やはり自然は裏切らない!! グランドキャニオンは期待通り★ 素晴らしかったです☆

空から眺めたお陰で、グランドキャニオンが約4百数十キロメートル続いていると言う現実を
自分の目で実感出来ました。

福岡から鹿児島が約350キロメートルと言いますから、その長さたるやすごいものです。

アメリカ大陸の大きさ、自然のすごさに圧倒された日でもありました。
[PR]
by pepe-garden | 2011-06-28 18:56

2011/06/26 三日目はラスベガスへ~~~

HILTON  SAN  FRANCISCOで二泊した後 三日目は9.05発の飛行機でラスベガスへと飛ぶため 早朝五時のモーニングコール(あ~~眠たい!!)
ワインを入れている大型かばんが国内線の重量オーバーに引っかからないかヒヤヒヤしながらのチェックインでした。

そしてラスベガス空港では到着早々、度肝を抜かれましたよ(*`ロ´ノ)

これぞと言うか、さすがと言うかギャンブルの街ラスベガスの空港だけのことはあります!
セキュリティーを抜け、荷物受け取りのターンテーブルに進む途中、スロットマシンがずら~~り★★★

d0122187_23501189.jpg


その光景たるや、ここはゲームセンター???と見間違うほどです。

d0122187_23194056.jpg


私もたくさんの空港を見て来たつもりですがこんな空港は初めて!!

到着から出発ギリギリまで、ここラスベガスでお金を落として(使って)行って下さい!!って事かしら?


空港を出ると、出発時12℃だったサンフランシスコから、いきなり40℃のオーブンの中に放り出されたよう!! 
慌てて、たまねぎの如く着ているものを次々と脱ぎ。。

じりじりと照りつける太陽☆ 紫外線が一番怖いペペママは、とにかく長袖に つば広帽子 両手にはUVカット手袋、そしてサングラス!可笑しいくらい日焼け対策に必死です。(日本では この上更に日傘の私なんですよ。。。笑)

d0122187_23234476.jpg

「HELLO!!」(と、私)  「こ・ん・に・ち・わ!!」(と、マスコット)
ラスベガス入り口看板では、マスコットさんとの記念撮影もそこそこ、とにかく早く車に戻りたい、、

昼食をとったプラネットハリウッドレストランのあるこの建物(ホテル?商業ビル?)はゴージャスですが、あまりに巨大すぎて 一歩間違えれば、迷い子になる事間違いなし!
息子の背中を見失わないように必死で歩きました。

d0122187_2330362.jpg


昼食の後、冷房の効いたフロアーをしばし散策♪♪ 人工空はお台場で見ていたのであまり驚きませんでしたが、
ローマの街のトレビの泉を再現したこの空間♪ パパとのイタリー旅行を思い出し懐かしさを覚えました!

d0122187_23323251.jpg


それから驚いた事といえば、「松子デラックスさん?」があちこちにいらっしゃる!
彼女もここアメリカだったら全然目立たないでしょうね!?(私の左横の人も松子さん・・・笑)




ラスベガスの宿泊ホテルは「THE VENETIAN」☆
「あ~~~やっと私の思い描いていたアメリカがここにはありそう(ワクワク・ドキドキ♪)」

d0122187_23391317.jpg


サンフランシスコでは何故かお目にかからなかった超大型車 黒塗りのリムジンが、このホテルにはずら~~り☆☆ 
そしてアルカポネ風の紳士達がこの景色の中ではピッタリ☆ 様になってる★
ため息の出そうな、玄関の天井絵★ これはもしかして映画のワンシーン?と思える光景にペペママは ニンマリ♪

ホテル・ベネチアンのロビーは豪華絢爛に輝いていますが、スニーカーや短パン、ゴム草履姿が自然と収まってるなんて、他の五つ星ホテルでは考えられない事!!

「そっか! ここは砂漠と言う名の海を控えたリゾートホテルなんだ!!」

d0122187_015097.jpg


ロビ-階の突き当たりが「カジノ」になってるとはさすがです。(後から分かったことですが、ラスベガスのホテルでは
カジノはほとんどロビー階にあります)それだけ「カジノ」が重要って事でしょうね!?

d0122187_062357.jpg


客室に向かう廊下も本当に立派でヨーロッパ建築そのものです。

d0122187_06139.jpg


客室内も期待を裏切りませんでした。

デラックスさと清潔さと広さに於いて、今まで私が泊ったホテルの中の10本の指に、いえ もしかしたら五本の指に入るかも。。。そう思えるくらい満足のいく部屋でした。

d0122187_085886.jpg


豪華なバスルームもですが、洗面室の中に化粧の為のスペースが別に設けられているのは、女性にとっては本当に便利で 一番助かりました。

d0122187_011414.jpg


早めのチェックイン後は、しばしの午睡をむさぼり(何しろ五時起きでしたから)、ゆっくり夕食後からの行動開始!

ラスベガスといえば、カジノとそしてショーです!

どこのホテルでも毎晩いろんなショーをやってるようですが、一番古く伝統的といわれている、ホテルBALLYの出し物である「ジュブリーショー」を観に行きました。(今人気の「シルク・ド・ソレイユ」は昨年福岡で見てましたし)


ショー会場入り口ではカメラは預ける事になってます。 つまり撮影禁止って事です。
それで、嫌がる息子を無理に従え、モデル嬢と一緒にお金を出して撮影してもらった記念の一枚がこれです(笑)

アハハッ!息子は「二人のパスポートに 帰りの航空券、現金にカード」と貴重品の入ったバッグを常にぶら下げ

d0122187_0172680.jpg



50年前ならいざ知らず、さほどビックリするものもなく、さして感動もしなかったサンフランシスコから、
ここラスベガスに移動して、やっとアメリカらしい活気を感じるのですが、往年のような勢いは無いそうです。

それでも全米で唯一お金の動いている街、エコも省エネも関係ない元気な街ラスベガス★
24時間眠らないこの街はエキサイティングで、今の日本とは全く違う楽しみがあるようでワクワクして来ました。

さぁーーー明日からのラスベガスは??
夜型人間の私達親子にはピッタリ☆  ここに来て、やっとペースに乗って来ました♪♪
[PR]
by pepe-garden | 2011-06-27 00:37

2011/06/23       二日目は ワイン・トレインでナパバレーへ♪

サンフランシスコ二日目 私達親子はワイン列車に乗って、

d0122187_22415989.jpg

カリフォルニアワインの70%を産出すると言われるワインの里「ナパバレー」を訪ねました。

d0122187_23204065.jpg



出発駅へはサンフランシスコ市内から高速道路をバスで走り、郊外の景色を楽しみながら約30分で到着します。

レセプションを済ませ辺りを見回すと、すでに乗客たちは試飲グラスを片手に ロビーで寛いでいるではありませんか♪ (行く前からワインモードに入り、すでに出来上がってるように見える人も。。。))

しかしどこを見ても日本人の姿は見当たらない。。どうやら今日の乗客、日本人は私達二人だけのようです。

d0122187_23234540.jpg



やがて列車が到着すると 決められてる座席チケットを持ち、いざ乗車☆

乗り込み 席に着くと、まもなくランチタイムに入り飲み物やメニューのオーダーを取りに来ます。

d0122187_23295665.jpg


私は魚料理をチョイス。息子は肉料理。トマトのスープのお味も良く、昨日の最悪な食事に比べ やっとまともな味付けに出会えた気がしましたよ!

d0122187_23331936.jpg



ランチタイムが終了する頃にタイミング良くワイン蔵に到着!何て素敵な建物でしょう!何より空気が美味しいわ♪

d0122187_2337265.jpg


何しろ欧米人ばかりなので、当然ながら説明も英語。
まあ、何とかかんとか想像力を駆使しながらガイドさんの説明に耳を傾けましたが、正直半分以上解ってない(笑)

d0122187_2339845.jpg


ぶどう畑に入ると、花が終わった跡すでに小さな実がつき始めています。これが大きくなり秋には収穫され、そして美味しいワインへと変身するのでしょう

d0122187_23404052.jpg


ワインの試飲や説明。ショップでの買い物を楽しみ、帰りは増えた荷物を息子に持たせ 来た時と同じ列車に~~

d0122187_23414799.jpg


帰路では窓際のカウンター席で しかも往路とは反対側の景色が見れるように席が指定してあるのにはビックリ!
心配り、優しい配慮に感動しました。

d0122187_23433577.jpg


行きはランチ、帰りはデザート♪ 
延々と目の前を過ぎて行くぶどう畑の景色を楽しんでると、あっという間に出発した駅に到着します!

d0122187_23531070.jpg


そこからサンフランシスコ市内のホテル迄、あいにくラッシュタイムに引っかかり、行きの三倍の時間を要し少々疲れましたが、アメリカ到着二日目にして やっと私らしい旅の気分になって来たかな?!

何より、日本では絶対買えない高級ワインの赤と白が買えたのが一番の収穫★
さぁーーーこのために日本から持参したプチプチ紙がいよいよ役立ちます。

四年前、ニューヨークを中心に東アメリカを旅した時に比べると、今回はすごい円高!(1ドル=手数料込み83円)

全てが安く感じられて(ちなみに水1リットルはスーパーで約1ドルなので80円強、)買い物はこの際だから ちょっと弾み??ました(笑)
[PR]
by pepe-garden | 2011-06-24 00:31

2011/06/23     アメリカ西海岸はサンフランシスコから♪

今月10日。17時25分成田発のANA008便で
一路アメリカ西海岸のサンフランシスコへ向けて飛び立ちました。

海外旅行では最初に到着した都市の印象って、意外と大事ですよね★

その意味に於いて今回の最初の到着地のサンフランシスコ。
正直私の海外旅行経験の中で、最も感動が薄く、期待はずれだった事は確かです。

人それぞれでしょうが、私の場合、日常とは全く違う世界や風景に触れ
今まで経験した事のないような、非日常的生活の中に数日間身を置き

日本とは全く異なる歴史や文化や食生活に触れた時、海外旅行の醍醐味を感じます。


その点でもサンフランシスコの町並みは、どこもかしこもどこかで見たような。。。。。
「デジャ・ビュー」そう思えるような意外性のごく少ない街で


楽しみにしていたあの有名なケーブルカーすら、今ではすでに観光色濃く、(最近地元の人たちは殆ど車を使うそうです) ずらりと並ぶは観光客ばかりで、なにかどこか味気ない、、、、、

待ち時間の間、新宿か渋谷、又は原宿辺りと似ているような雑踏の中で唯一印象に残ったこのシーン★

画面の中の印のワンコちゃん。  どこに居てもペット連れの人に ついつい目が行ってしまう私です。

d0122187_2029097.jpg


「いやだ!いやだ!!止めてよーーー」と怖がり嫌がってるワンちゃんを、、、、、

d0122187_20321163.jpg


あれっ!?  無理やり引っ張って下りのエスカレーターに乗せてしまいました。

「や、や、やめてーーー!!だれか助けてーーーー」と泣き叫ぶワンちゃん。

d0122187_2035992.jpg


あ~~~あっ! とうとう下まで!かわいそうに・・・

d0122187_20362685.jpg


お腹の毛でも挟まったらどうなってたのよ!! もうっ! 全く残酷ね。

この光景、廻りの人たちは笑って見てたけど、ペペママには残酷に写って、忘れられないワンシーンとなりました。


どこへ旅しても、いつの間にかワンコや花や子供や鳥達の姿を目で追ってる私です

世界中どこの国でも子供の瞳は純粋で、笑顔が素敵!!これがある限りこの国は大丈夫といつも思えるのです。

d0122187_20403733.jpg


30分以上待って、やっと乗車できたケーブルカー!!
こうして電車から見ると確かに坂の多い街サンフランシスコを実感します。

d0122187_20534556.jpg

d0122187_856037.jpg



電車の終点フィッシャマンズワーフも人が多く魚レストランが立ち並び、博多のマリゾンのスケールを大きくしたような。。。(ちょっと言いすぎかな?)

d0122187_20561841.jpg


海鳥は、かもめかしら? きっと観光客をウォッチングしてるんだわ!

d0122187_2058273.jpg


ここから船に乗って、サンフランシスコ湾クルーズへ~~~~

シンボルの金門橋(ゴールデンゲートブリッジ)
船でその下をくぐりましたが、明石大橋などを見てる今では そうそうビックリする程でもなく、、、、

d0122187_21363298.jpg


ベルギーの小便小僧やシンガポールのマーライオン像やデンマークの人魚姫の銅像にしても
いわゆる「シンボル」とされているものは、常に想像以下なのはなぜでしょう?

訪ねる側の期待感が大き過ぎるから? それとも本やカレンダーの写真が素敵すぎて、心の中で勝手にイメージを膨らませ過ぎてる?

d0122187_21401778.jpg

海からサンフランシスコの街を眺めるとこんな風景♪ これって博多湾クルーズ船から見た時の「ももち」辺りの景色と似てなくもない。。。(身びいきでなく博多も結構大都会で高いビルが林立してるもんね!)

d0122187_2141591.jpg


それにしても陸からそれほども離れていない湾の中に、映画「ロック」の舞台になったアルカトラズ島があります。

d0122187_2147893.jpg


ここは島全体が囚人収容所で、絶対逃走不可能な刑務所として有名ですが
こんなに街から近くて、夜になると目の前にシスコの灯りがまたたいてる訳ですよね!

泳いですぐ本土に渡れそうですが、常に水温15度以下のここの海では それは絶対不可能だそうです。
過酷な刑務所生活の中でも、目の前にあって届かないものをいつも見て暮らす、これが一番残酷なことかなぁーーー


歌にもある「サンフランシスコのチャイナタウン~~夜霧に濡れぇ~てえ♪♪」(アハハハッ!!私も古い!!)

なんて事はない!!  こんな汚い中華街!!
これでは 横浜、神戸の中華街のほうがよほど綺麗で垢抜けていますよ!横文字で言うと、なんか洒落た素敵な街を想像しちゃいますけどね。

d0122187_21525560.jpg


と、まあこんな風に拍子抜け、感動のない旅の幕開けでしたが、明日は絶対に。。。と自分を励ます私でした。
[PR]
by pepe-garden | 2011-06-22 22:06

2011/06/08    しばらくの間 さようなら~~♪

今週末から福岡は梅雨入りするそうです。

気付けば輝く光の中で、色とりどりに咲いていたあの華やかな花達は、いつの間にか姿を消し、

雨に濡れるアジサイが、水際の花しょうぶが 純白のカラーが、新しい光の中でしっとりと静かに花開いています。


あれだけ、春を謳歌していたあのお花達。。。私の愛しいお花達は、いずこへ~~~
d0122187_2221328.jpg


あなた達の姿と香りは、暗く寒かった冬から、暖かく幸せな春へと私を導いてくれました。

d0122187_228312.jpg






そして、今季節は変わり 自然界の廻り舞台には次の俳優達が。。。。。。

d0122187_8512680.jpg


d0122187_852377.jpg


d0122187_8592494.jpg









私も明後日から、しばらく日常を離れ違う空気を吸ってきます。

行き先はアメリカ西海岸ですが、非日常的劇場の、異なる舞台では、どんな俳優達が演じ花開いているのでしょうか?


いつもの事ですが外国から帰宅した時、我が家のお花達の変化に、少なからず驚きを感じる私です。
ベランダやお庭のお花さん!しばらくの間どうか枯れたりしないで頑張って待っててね!!



帰国したら、また旅日記をブログアップできると思います。


それまで、しばらくの間 さようなら~~♪
[PR]
by pepe-garden | 2011-06-08 22:18

2011/06/05 「 ホテルオークラ福岡」での一泊二日♪

先月の29日のことです。
昨年末のクリスマスに ある事のお礼にといただいていた「ホテルオークラ福岡」の宿泊券。

使う機会もなく、ずっと忘れてたのですが、なぜかフッと状差しの中の封筒に気付いて開けてみると。。。。。

なんと、5月31日で有効期限が切れてしまいます。

あと二日。。。。


パパはゴルフで鹿児島に行って留守。  どうしよう!?どうしよう!?
このまま流す?? デラックスルームツインと書いてあるし、流すのは勿体無い。≧з≦)

そうだ!! と、まず声をかけて見たのが 時々一緒に旅行している女友達。



「いいわよーーー丁度用事もないし。」と明るい返事☆ 良かったぁ~彼女と一緒に泊るのも一昨年の旅行以来かな。



さぁーーー それからペペをどうする??  ペット同伴可能なホテルではないし、、、、 

こんな時頼めるのは ケリーんちしかない。 「いいわよーーーOKよ」返ってきたのはママの心強い返事☆
 
いつも快く引き受けてくれるケリーママに本当に感謝です☆ ママありがとうね!


車で10分のところへの移動と言えども、一泊となれば、そこは女性。とりあえずかばんの中に
化粧道具などを詰め込んで、
まずペペをケリーんちへ送って、その足で友人をピックアップ♪


d0122187_145837.jpg



「ママァーーー行ってらっしゃーーーい!!」と手こそ振らないけど二匹並んで仲良くお見送りしてくれました。



自分で運転して到着!チェックインを済ませると、すぐB1階の中華レストラン「桃花林」へ
ここの中華はさっぱりしてて二人とも大好きなんです♪

今夜は帰らなくて良いと思えば、ゆっくりとお酒も飲めます(*`艸´)

といってもそれぞれ紹興酒を一合づつ。
なぜ一合づつ別々に注文したかというと、私は常温で干し梅を入れるのが好きな飲み方。
彼女は熱めに燗付けして、氷砂糖を入れるのが好み。

長い付き合いだから、お互い気を使う事もなく気楽に楽しくお食事タイム♪

d0122187_1551585.jpg


ほろ酔いでお部屋に入ると、ビックリ ∑(*゚ェ゚*)
総料理長の渡邊シェフからフルーツの差し入れが届いてます!!
中華料理の後は こういうちょっとした果物っていいですね☆

d0122187_157362.jpg



お部屋は12階(客室階としては最上階)の角部屋☆ GOLD PREMIUM スーペリアツイン★

二方向が窓なので「明日朝、目覚めたときが楽しみだわね」と顔を見合わせてニッコリ☆

d0122187_2154882.jpg


わぁーーー浴室も綺麗で広いわぁ~~  と言いながら、友人は「昨日家で入ったからいいわ」「私も今朝シャワーしたし。。。」と結局使用せず撮影のみ(笑)

d0122187_15201314.jpg


別に用事があって泊ったわけでもなく、とにかくベッドに入ってペチャクチャと誰気兼ねなく延々と真夜中までお喋りが続きます。(主人と一緒なら こうは行かない!)
明け方近くかしら、ふと隣から「スースー」と寝息が聞こえ。。。とたん私も深い眠りに落ちでいたのです。


で、朝 目覚めカーテンを引くと、

d0122187_1524739.jpg



何度も見慣れた風景が下からワッと目に飛び込んできました。
この角度からこの位置を眺めるのは初めて! 印が有名な博多の夏祭り「山笠」の終点です。

d0122187_8145651.jpg


日常を離れて、何の目的もないこういう一泊二日のお泊りも意外といいものでしたよ。
こんな事でもなければ、わざわざ市内のホテルに泊ることなんて無いでしょう!
(あ~~そうか 今年はお正月早々近くのホテル・ニューオータニにも泊ったっけ・・・)

夜中のお喋りも昼間の時間を気にしてのお喋りと違い、どこかリラックスして話題も広がり、
素敵なホテルステイでした♪


朝食はカメラ忘れて撮っていませんが日本料理「山里」での朝粥のお味の上品で美味しかったこと、最高でした☆


さてその後のペペちゃん、なぜかパパにべったり。そしてママにはよそよそしい(涙)

d0122187_21384216.jpg


「ママに来てごらん!」と甘い声で手を差し伸べるも、この調子。。。

d0122187_21393270.jpg


無理に抱き取ろうとすると、益々パパにしがみついて、、、、、「いやっ!でつ」

d0122187_21412876.jpg




やっぱり 突然置いて行ったことを怒ってるのかしら??そうだよねぇ~~あまりに突然だったし、
ぺぺちゃんとしては いつものお散歩タイムだったんだものね! ごめんね!!
[PR]
by pepe-garden | 2011-06-06 15:29

2011/06/01 そこに隠れて、なに食べてるの?

ペペェーーー!    ペペちゃん !!   ぺぺさん!!  ペペ子さん!!

あれっ!? いくら呼んでも知らん顔??

d0122187_22403048.jpg



「社員旅行のアップはまだ残ってるんだけどさぁー、
今日はペペちゃんをブログアップをするから、ちょっとだけこっちを向いてよ!」



本当でつか? ママはつぐ「ママと旅と」に脱線つるんだからε-(o´_`o)ハァ・・

d0122187_22482479.jpg



 
「ぺぺっ!その手に持ってる物は何?? 今日はまだおやつも上げてないけど?

そんな所に隠れてないで! 出てきてママにちゃんと見せてごらんなさいって!!」


絶対いやでつよ! そちたら大事なわたちの宝物を取り上げるに決まってまつから・・・・
(ハハハハッ! それはそうだ。 よく分かってる☆)

そんなにしっかり両手に挟んで、、いったいなんなのよ!


d0122187_22545051.jpg



「きゃぁ~~~~それってずいぶん前にあげたダチョウのアキレス腱の残りじゃない!?
何で今頃。。。。。? どこにあったの?」

d0122187_22565473.jpg



わたち、あの時は長すぎて全部食べ切れなかったから 残りをちゃんとしまってたんでつ★

「えーーーっ!?どこによ? こんな一ヶ月近くもどこに隠してたのよ!?
    いやぁ~お掃除のときも、気付かなかったわぁ~~~


あーーーー不思議ぃ~~~  また一つ考える事が増えちゃったわヽ(´゚д゚`ヽ) これだから白髪も増えるわけね(涙)」

d0122187_2322031.jpg



まあそれにしても、こんな時のぺぺの熱心な事!集中力全開!!ってとこね  ☆食卓の下のペペワールド☆

d0122187_2343252.jpg



この前「高橋ペットクリニック」で年に一度の健康診断受けた時には「歯石もないし、歯も綺麗ですよ☆」ってほめられたけど、
う~~~ん、、、前歯がちょっと汚いわねぇーーー」

d0122187_2383834.jpg


誰にも邪魔されず、ゆっくりと備蓄品? いえいえ残り物??を楽しんでいるぺぺちゃん。

時々の横目使いはママを警戒してるのね。   「大丈夫、!取り上げたりしないから。」

d0122187_2311943.jpg


20~30分間くらいかけてやっと完食☆

d0122187_23154384.jpg



庭飼いのワンコはよく穴を掘って、食べ物を隠すというけど家の中で一体全体どこに隠してたのかしら?  
我が家はフローリング。。。。穴は掘れない(笑)
それからが、、、さぁ!!ママの部屋中ウォッチング!!まだ他に何か隠してるかも分からないから。。。。


で、結論として、今回のこのダチョウのアキレス腱はムートンハウスの敷き毛布の下に隠してたのではなかろうかと。。。。



豚足嫌いのぺぺ、仕方なく「馬のアキレス腱」を買って上げたところ大喜びで食べました。
その後、ダチョウのアキレス腱を見つけたので、こっちを買って見ると更に大喜び♪ 

「豚」から「馬」にそれから「ダチョウ」の脚にとバージョンアップしたんですよ!
なにがバージョンアップかって????  価格がアップ??

いえ、それもですが、走るスピードがです。 
それではダチョウのアキレス腱にしてぺぺ速く走れるようになったかって、、、それはさすがありませんけどね。

豚より馬が速いのは分かるけど、馬よりダチョウの方が、スピードがあるって驚きますよねぇ~~~ 
[PR]
by pepe-garden | 2011-06-01 23:39

これは、Mシュナウザーの私とガーデニング大好きなママとの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30