ブログトップ

ペペと花と

<   2016年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2016/01/30     福岡市立美術館で マルモッタン.モネ美術館を。。

先日アップした記事のように(1/23「マルモッタン美術館の作品達にやっと巡り合う」)、

私はマルモッタンにあるモネの作品には縁がないというか、パリのマルモッタン美術館の前まで行って中に入れないとか、アンラッキーな事ばかりで、その作品達に会うチャンスがなかった。。

それが今回、私の住んでいる所から わずか10数分のところに位置する福岡市立美術館に 
その作品のほとんどが前期と後期の二回にわたり、はるばるやって来る事になった。

d0122187_20315184.jpg


先日まず前期の作品を見て来た。

メインは「サンラザールの駅」  想像していた程大きくはないが、
機関車が今まさに目の前で 水蒸気を吐いているような、臨場感あふれる絵だった。

昨今、かの有名なルーブル美術館にしろ、オルセー美術館にしろ、
モネの大装飾画「睡蓮」で有名なオランジュリー美術館にしろ、昨年訪ねたピカソ美術館にしろ、

フラッシュさえ焚かなければ全て撮影OKという時代にあるというのに、

ここ福岡市立美術館は何はともあれ一切の撮影禁止である

これをどうとるべきか、、、、「よそ様の大事なお品をお借りしてるのですから、万一間違いがあればいけませんので、、、」と用心をしているのか。。。

いやぁ〜〜私ごときが、あれこれ考える問題ではありませんね

ただ私自身は自分の網膜というフィルムに焼き付ければ満足だが 今回写真の少ないブログアップとなった事が非常に残念なのだ!
なぜなら写真さえあれば 私の稚拙な文章など不必要なのにと思えるばかりで。


人それぞれによるが、私にとって特筆すべき作品は、長く仕舞われていて今回初公開となったという数点の家族の肖像画であった

愛する夫人はもとより、彼の実子二人を描いた絵。

「幼いミッシェル.モネの肖像」 ジッとしない息子を速写したという肖像画には 父親としてのモネの愛情が溢れる。

昨年ジベルニー村の一角にある、クロード.モネのお墓をお参りした時、お墓の台座を 家族や親しい人の名前を刻んだプレートが ぐるりと取り囲んでいた光景を突然思い出す。


d0122187_20443153.jpg


家族の肖像画とあのお墓の周りのたくさんのプレートから、生前、この画家は家族を非常に大切にし、
皆からも慕われていたのではなかろうかと想像する

モネの長男は戦死し、次男のミッシェルはモネの残した絵のほとんどを受け継ぎ それをマルモッタン美術館に寄贈したという
以後、マルモッタン美術館は マルモッタン.モネ美術館と呼び名を変えたそうである

そのミッシェルは80何歳かの時、モネのお墓詣りをした直後、交通事故で亡くなったという

そういえばあの教会の横のモネのお墓、出た途端 車が飛ばして来そうな場所だったなぁ~~


今回の展覧会でもう一つ足の止まった絵。それは「ドルチェアクアの城」

数年前 息子とイタリーからモナコに帰る途中に立ち寄った国境の小さな村「ドルチェアクア」。

その時は単にモネが愛した村という事に興味をそそられ
村の土産物屋でモネの絵のコピーを買い、「ふんふん、この位置から描いたのね」なんて確認したものである。


d0122187_2284433.jpg


それが、その絵の本物が今まさに私の目の前にあるのだ。

今回の90点近い作品の中で、殆どの人が見過ごしそうな「ドルチェアクアの城」。
その絵の前にこれ程長く佇んでいるのは私だけだった。


ジベルニーの庭やモネの邸宅。
それらは昨年五月に訪れたばかりの場所で私の記憶にもまだ新しい。

「ジベルニーの庭」「睡蓮」「日本の橋」などの一連の作品は あの時の風景をふつふつと思い出させてくれる

一日の大半を絵筆を持って、この庭で過ごしたというクロードモネ。

d0122187_22184753.jpg


人生最晩年の絵が 会場最後を飾る

死の二年前の絶筆「しだれ柳」
それを目にしたとき、私は 女流画家三岸節子の絶筆「さいたさいた さくらが さいた」をふと思い出した

その二つは共通点として、荒いタッチ、そしてなんと言うか、、、幽玄ともいえる 鬼気迫る世界で確かに見る者を釘づけにする。

白内障手術後、タッチが粗くなり色使いがハッキリとし、余白のあるキャンバスとなるものが多い。

睡蓮の習作に至っては、オランジュリーの「睡蓮」に比べ、色使いと筆使いがはっきりとしていて

これらがあの一連の大作の習作???と思う程、大きく違う印象だったが、

ここにもしその中の一枚の写真でもあれば、その違いは判然とするのであろうが。。。。。

今 再度あのオランジュリーの一連の大装飾画を見てみたいと強く思う

d0122187_22455281.jpg



次回は いよいよ五日後に来る「印象.日の出」 絶対見逃しません!

[PR]
by pepe-garden | 2016-01-30 23:01

2016/01/24          記録破りの雪の日&大寒たまご♪

本日1月23日(日)、博多の街は1983年の記録を破って 大雪の荒れた天気となりました。

北海道や北陸地方の人達から見ると、「これで大雪?」 と思われそうですが、、、、、
この景色、博多では一年に一度見れるか見れないかの珍しいもの。

今現在の我が家のベランダです。 あたりも白く煙っています。

d0122187_17385362.jpg


そして車庫の前の道

d0122187_18163022.jpg


「雪は降る~~♪」 な~んて ノー天気に歌ってた一昨日の雪がウソみたいです

今日のぺぺちゃんは、、、、、、

そっ!日ごろあまりしないこと、珍しく床暖房にべったりお腹をくっつけています。

d0122187_1741872.jpg


こうして見るとぺぺって、手も足も長いのね~~~

そういえば昔、クリニックの先生から
「こういう体型のワンちゃんは、ジャンプ力はあるけど 骨折に気を付けてくださいよ!」
って注意されたっけ!

大丈夫でつ!  わたちママより若いち、ママより落ち着いていまつから・・・・BYぺぺ


寒い寒い毎日、一昨日は大寒の日でしたね。 知り合いの卵屋さんから届いた「大寒たまご」です

d0122187_1842891.jpg


昔から大寒の日に産まれた卵を食べると、その年は健康で金運にも恵まれるとか、、、

とにかく縁起の良いたまごらしいです

さっそく茹でておつゆに入れましたが、そのゆで卵、新鮮すぎて殻を取るのに一苦労・・・・・
そして切ってみてビックリですよ!!

きゃぁーーまるでのび太君のメガネみたい~~~可愛いっ!! 

 実は 双子のニワトリが生まれる卵だったんですね。


d0122187_1864571.jpg


こんなことで大喜びの私。

もしかしたら今年はお金がダブルで入るのかしら???   それは無いかっ!!

でも まるで四葉のクローバーを見つけた時のような気持ち ♪ ♪

寒い一日、大寒卵と パパがいただいて帰ったこのブーケの珍しい八重のユリとで今日はダブル.ハッピーに

d0122187_18143113.jpg


ほんわか暖かさをいただいたような、、、、そんな雪の日でした

それから雪の日で外出できなくても、まぁ~朝からLINEのにぎやかな事!!

グループLINEのお喋りは臨場感に溢れ、 しかも寝っころがって出来、、、

お化粧して着替えて、わざわざどこかで会って話さなくても、
それぞれ我が家に居ながら出来る長話、

スマホのお蔭です

さんも早くガラケー卒業してLINE仲間になってよ~~~~♪
[PR]
by pepe-garden | 2016-01-24 18:34

2016/01/23   マルモッタン.モネ美術館の作品たちにやっと巡り合う

今まで数多くの美術館を巡って来たはずなのに、なぜか、マルモッタン・モネ美術館(以降マルモッタンと記す)には縁のなかった私。


昔パリで暮していた頃、ブローニューの森の中に佇むマルモッタンを訪ねたことがあった。

広大な森の中  ひっそりと佇むマルモッタンを探すのは想像以上に時間がかかり、、、、
やっと辿り着いた時は閉館間際、入館してもすぐ追い出される時間帯だった。

多少疲れ気味だった私達は、「又ゆっくり出直そう!これからチャンスはいくらでもあるから」と、
軽くそこを後にしたのだった。

あれからどれほどの月日が流れたのだろうか、、、、、、又のチャンスは意外に来なかった。

あの時、いくらでもあると思えたチャンスも その後三度しかなかった!

(正確には三度しかと言うべきか 三度と言うべきか、それはさて置いて、、、)


その一度目のチャンス。それはパリを引き上げ、日本に帰国し、、数年経った頃、私が一人で再びパリをおとずれた時の事だった

今度こそはと、はやる心に胸躍らせながら 限られた滞在日数の中、タクシーを飛ばしてブローニューを抜けた。

到着すると、玄関前の小さな張り紙。何と言うことか!!!確かに「改装につき休館中!」とあるではないか!

私を降ろすとすぐ走り去ったタクシーの後姿をうらめしく目で追い、車一台通ってくれない道をとぼとぼと歩いてメトロの駅へと向かった事は忘れられない思い出だ。



それから更に時は流れ、今度は12年前、当時大学生だった息子と二人、シシリーに渡る途中、パリに長滞在した事がある

その時も勿論、マルモッタンは外さなかった。

まず メトロ駅近くの日本語メニューのある「YAMAZAKI」で腹ごしらえをし、 
森の中の優雅な館の風情にため息をつき、息子に私達がパリで暮らしていた頃の思い出話を語りながら

そして今度こそ、、、、と到着したマルモッタン美術館。

あ~~~~~あなたは本当に私とご縁がないのですね! 遠い日本から来ましたが本日が休館日とは。

その日は月曜日。月曜日が休館日と知っていたはずなのに、こんなミステイクをするなんて、、、、

明日はパリを離れる日。  ため息と悔しさで一杯になったものだ



それからしばらく ニースを訪れることはあっても、パリに行く事はなかった。

それが昨年五月。三度目のラストチャンスが来たのだ。

しかしパリに一週間以上滞在したのに、以前のように是非マルモッタンを訪ねたいという気持ちがどこかに消え失せているではないか。。。。

そして不思議な事に、「あんな不便な所まで行って もし又縁がなかったら、、、
もうっ!それこそ疲れるだけわぁ~」と 躊躇する自分が 自然にマルモッタンを外していた

そのかわり滞在期間中、ホテル近くのオランジュリー美術館で
一連の「睡蓮」の大作の中に身を置き モネの世界に浸りきった私。

ジベルニーまでも足を運んでモネの住んでいた邸宅、庭園を訪問し、
彼のお墓参りまでしてきた私は まるで、憑き物が落ちたかのように、、、、、

気がつけばマルモッタンではなく、 ピカソ美術館へと足を運んでいた。


それが今年、なんと! 我が家から車で10分に位置する福岡市立美術館にあのマルモッタン.モネ美術館のほとんどの作品が前期と後期に分かれてくることになったのだ ★ ☆ ★ ☆

前期のメイン作品は あの有名な「サンラザールの駅」
そして後期(02/04から)は、私の会いたかった「印象.日の出」が海を渡って来る

先日、まず前期期間中に出かけてきた。。  もちろん又後期も行くつもりだ

d0122187_23161892.jpg


長い長い前置きでしたが、こうして私とこの美術館の作品達と やっと巡り合う時が来たのです

それは30数年に及ぶ夢の実現でした

その時の事はいずれアップさせてください!!
[PR]
by pepe-garden | 2016-01-23 23:27

2016/01/19 雪が降る♪ ぺぺは~出ない♪

博多の街に初雪が降りました。 そしてこの冬一番の寒さ、 最高気温5度です


初めて雪を被った我が家のベランダ、お花たちもビックリしたことでしょう

d0122187_2325091.jpg


さすがのぺぺも 今日は部屋から一歩も出ようとしません。ただ外を眺めるばかり、、、

d0122187_22452893.jpg


ママァーーーお外には出たくないでつ。 出ないとダメでつか?

d0122187_22495634.jpg


だめですっ!! もうタイムリミットですよ!

朝オシッコしてから8時間もたってるんだから、お外に出て いつもの場所で オシッコしてちょうだい!!

ま~た膀胱炎になったらどうするのよ! 知らないわよ!!

スパルタママの勢いにビビッて、しぶしぶ部屋から出たものの


なんでつかぁ~~~  この白いもの。 わたち冷たいでつよーーーーと
オシッコどころではない様子のぺぺです

d0122187_22522719.jpg


どうちて こんな白いものが落ちてくるんでつか??? と不思議そうに辺りを見回すぺぺ。

どうして雪が嫌いなのか??ママの方が不思議ですよ!

「犬は喜び庭駆け回り、猫はこたつで丸くなる」って歌が昔からあるくらいなのにねぇ~~



d0122187_2255814.jpg


置物のワンコも寒そうに震えてまつよ! ママァ~~ お部屋に入れて上げてくださいでつ

d0122187_2314391.jpg


置物のワンコはいいの! お外が好きなの。 それより早くしてちょうだいよ!といくら催促しても

とうとう最後までオシッコをしないぺぺ

根負けしたママが 仕方なく中に入れて上げると、さっさとママのお膝に飛び乗って安心した様子です

d0122187_23115890.jpg



でも何となく 無理矢理出されたことを恨んでいるようなこの目、、、、お~~~怖い!!

d0122187_23213578.jpg


こうして見ると、まっ、白内障予防目薬も効いているみたいだわ。。。。ホッ!
[PR]
by pepe-garden | 2016-01-19 23:08

2016/01/16        10歳と9歳の仲良し♪

幼なじみのケリーちゃんが久しぶりに泊まりに来ました。

ケリーどうちて 来なくなったの? 長崎ばっかりで退屈ちない?

d0122187_21572731.jpg


来たいけど、ママが水泳に嵌ってるでしょ!?  平泳ぎの大会に出場つるんだってよ!!
それでプールばっかり行って、散歩も減って、福岡にはちっとも連れて来てくれないんだもん

d0122187_21593545.jpg


そっかぁ~~今日は久ちぶりだから、一緒に遊ぼうよ! そんなところで寝てないで起きてよーー

d0122187_221663.jpg


一階のベランダが綺麗になったんでつよ! 行ってみない?

d0122187_2231991.jpg


ママね、お花も綺麗に植え替えて。。。。あっ!違った!植え替えてもらって。。。 どう?つてきでしょ!?

d0122187_225569.jpg


これはママが一番お気に入りの寄せ植えでつよ★ このバラの色、ママ好みだもんね?!

d0122187_2261451.jpg


ケリーとぺぺは一歳の時からの大の仲良し。

人間で言えば、お互いもうおばあちゃんのはずなんだけど、、、、会えば子供の時と同じ、すぐバトルごっこが始まります

最近はペペだけでなく、ケリーもほかのワンコとは、バトルごっこをしなくなったそうですが、
お互いこの二匹の時だけは違います

次の動画をご覧ください。

ガッツリ四つに組んだ姿なんか、まるでお相撲さんのようで面白いでしょ!?

はっけよい!のこった、のこった!!


動画はこちらへ

一泊二日ケリーが居る間中 ほとんどというくらいバトルごっこでした

ただ一歳半の年齢差は大きく、よく見ると年上で一回り細いペペは 押され気味ですが、
でも、よく頑張って 応戦してますね


いつまでこのバトルごっこをするか、、、、、目下ペペママとケリーママの興味あるところです




[PR]
by pepe-garden | 2016-01-16 22:16

2016/01/08        股関節手術後の家の改造は 「今でしょ!」

あと10日で手術して三か月が経ちます。

健康な人が何らかの事故で股関節を骨折、人工骨頭置換手術を受けた場合、以前と変わらず歩行できる確率はなんと50%という記事を見つけ、一瞬愕然としました。

私がマダガスカルで転倒する前と同じ速さ 同じ姿で歩く事は、そっかぁーー もう難しいのかぁ~~~

でも怪我をしなくても、どうせ人間いつかは歩けなくなったり動けなくなったりするもの。
ただその時期が早く来ただけ!

そのように思うことにしました。

そしてこれから先、年を取ったら~~と考えていたことを さっそく今実行する事にしたのです。
そっ!流行語大賞にもなった林修三先生の「今でしょ!」の言葉通りに。

住居内の階段には将来を踏まえて、建てた時すでに手すりはつけていましたが
実は玄関外の三段しかない階段には手すりをつけてませんでした。

そして昨年夏には、クリーニング屋さんのインターホンで飛び出し 見事その段を踏み外し剥離骨折した経緯があります。

で、まずここに手すりを付けました。

d0122187_1859493.jpg


転ばぬ先の杖と言いますが、どうしてもっと早くつけなかったのか今更ながら悔やまれます。

そして今回分かった事ですが、足が悪いと靴を履くのさえ大変、
そして履いた後の立ち上がる動作がこれまた大変なんです

それを痛感したので、このL字型手すりも付けました。

d0122187_1952794.jpg


なお脚が弱って来た頃には 当然腰も悪くなるでしょう

今までガーデニングだとかなんとか言って、ベランダ中に、どんどん増やし続けて来たこの鉢やコンテナ類

d0122187_1983935.jpg


何年か前 これらの鉢を移動していてギックリ腰に。

今回はそういう事のないように、鉢類を全て取り払い、、で、こんな風に変えました。

d0122187_19104722.jpg


なんか広々してペペちゃんも楽しそうだわ🎵

d0122187_19114086.jpg


デッキと人工芝を組み合わせて だだっ広い感じにならないように工夫したつもりです

d0122187_1913150.jpg


そしてペペちゃんがオシッコする場所だけは 流しやすいように、芝もデッキも貼らないことにしました。

が、困ったことに彼女、やっぱりデッキの上でする習慣が消えないようです。

した事に気付けば、すぐ水で洗い流します。
幸いな事に、昔からベランダでオシッコした後は必ず ご褒美を上げる事にしているので、オシッコが済むと、ちゃんと「したよーーー!」と知らせに来てくれます

d0122187_191415100.jpg


自動散水器も張り巡らし、このベランダ改造に大満足している私。
今後はほとんど眺めるだけのベランダになるでしょう。
もう「ガーデニングが趣味です」なんて言えませんね(笑)

d0122187_19244596.jpg


最後、時々する布団干し、これもなかなか難しい作業になりました。
PM2.5の問題もありますし、外干しはここ福岡では不可能な事になりそうです。

で、今回急ぎ買い求めたのがこれ

d0122187_1927319.jpg


最初電気屋さんに行った時は「レイコップ」を買うつもりだったんです
でも実際手にすると重くて重くてとても私の手には負えません

それでお店の方の推薦もあり、ダイソンのこれに決めたってわけです

軽くて抜群の吸塵力ですが、ダイソンの欠点って やっぱり音が凄いってとこですね!

月末はドラム型の乾燥機付き全自動洗濯機が届きます。

これでいちいち階段を 重たい洗い物の籠を持って上がったり下りたりしないですみます。 

これだけしたのだから、あとは自分がシッカリ頑張って、元通りに歩けるようにならなっくちゃ、、、、、
[PR]
by pepe-garden | 2016-01-08 19:49

2016/01/02     今年の 元日の食卓風景&過ごし方?

           明けましておめでとうございます

今年のお正月は、昨年秋のマダガスカル事故で大幅に予定を変更して
三が日と言わず、お正月休みをずっと家で過ごしています
これって何年振りでしょうか??

この過ごし方を一番喜んでいるのは、パパとぺぺです

まったりとテレビの前で大好きなラグビー観戦に浸っているパパ

d0122187_15381617.jpg


家族がそろって家に居るなんて、信じられない風で、預けられる事もなく安心した様子で
これまた まったりと寝てばかりのぺぺ

d0122187_15402652.jpg


その中でも動き回っているのは、ママ一人だけです

朝からおせちを並べたり、お雑煮を作ったり、当たり前と言えば当たり前の事なんでしょうが
とにかくお正月は主婦にとっては一番大変ですよね~~

うちには女の子も居ませんから(おっと、ペペは女の子なんですけどね!)
男二人はだ~~れも手伝ってくれません
まっ!足も回復して歩けるようになりましたから、一応元日の朝の食卓は一人でできました☆

それがこれです。

d0122187_1547278.jpg


手作り家庭料理と お馴染みのお寿司屋さんの限定おせちとで、まとめてみました ☆ ★ ☆ ★
えっ!?、まとまってない!?  よく見ると、アマとプロ、歴然と違う料理を並べてちょっとおかしいですね

だから、私はプロのおせち料理だけでいいって言うんですが パパはそれではいけないって。。。

と、そんな内輪の話はさて置き

元日の行事と言えば、

ペペちゃんと一緒に(いえいえ、家族一緒に)行く初詣です

d0122187_1654030.jpg


人出が多いと ぺぺは やっぱり抱っこをされるのがいいみたいです



ママァーーー この神社いつもだ~~れも居ないでしょ!?それがつごいでつ!!!
今日は神社の長い石段の下まで人が並んでまつよーーーー
(そんな事大きな声で言わないの!)

d0122187_1683052.jpg


お正月なのでペペちゃんに お洋服着せましたが、今年は暖冬。今日も最高気温13度ですから
このコートには 正直迷惑そうです

d0122187_16121791.jpg


おみくじ引いて、お札を買って、家路に急ぐも、娘の方は日ごろ見ないものに興味しんしんのよう、、、



パパァーーーーひらひら動いてるこれは何でつか?

d0122187_16175080.jpg


最近めっきり見なくなった国旗ですが、この地域では 割に皆さん出してらっしゃいます

でも我が家は、今年も門前はこの松飾だけで省略型というか、今風と言うか、、、

d0122187_16374242.jpg


「来年はうちも国旗立てない?」と言う私に 「そうだなぁ~」と考えてる風に見えるパパ

パパの仕事が一つ増えるから、即答しないのかしら??

今回アップはしませんでしたが、神社参りの前にちゃんとお墓詣りもすませ

すがすがしい元日を過ごすことができました。


さぁーーーいよいよ新しい年の始まりです。

今年がみなさまにも よい年でありますように、、、引き続き「ペペと花と」を宜しくお願い致します。
[PR]
by pepe-garden | 2016-01-02 16:38

これは、Mシュナウザーの私とガーデニング大好きなママとの日記です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31