2012/06/01         世紀の天体ショー・金環日食に会う

ママァーーーーー金環日食を今頃アップつるんでつか?  かなリ遅れてないでつか?

d0122187_11371277.jpg


ニューツは、つでにツカイツリーでつよ、、、、どうちてサッサとアップ出来ないんでつか?



我が子に 叱られても仕方ない!  確かに何事もサッサとは片付かないのが最近の私です。

見れば未だに衣替えも中途半端で、やりっ放し(冷や汗!)
これを加齢と多忙のせいににするのは卑怯だとは思ってるんですが、、、


 ぺぺの目は いつもジッと私を見てる(=観察してる?)

d0122187_11211598.jpg
 

そしてその目が私を批判してるようで、時々ドキッ!!とする。

でも彼女は自分の見た事を誰に告げ口するわけでもなし、 また出来るわけでもなし!
まっ! 気にしない、気にしない!!




で、本題。。。上京二日目の二十一日の朝は日本国中 このことで沸き立っていました。

早朝からTVはこのニュースばかり! 

私は水天宮前のロイヤルパークホテルの一室で、
TVに映し出される刻々と欠けゆく太陽の形と睨めっこしていました。

午前七時半過ぎ、ホテル前の通りは すでにこの光景☆

d0122187_11243328.jpg


そして慌てて手にしたのが、このチャンスに恵まれることを期待して福岡から持参したコンビニで買ったこれ。

d0122187_1128099.jpg


「太陽よ!ちょっと待っておくれ!」 と部屋を飛び出すと信号待ちの間にさえ 観察に余念の無い人もいる。

d0122187_11293997.jpg



生きている間に二度と会えないこの太陽の姿を デジカメで撮れなかったのは非常に残念でしたが・・・・

でも自分自身の目のフィルムにシッカリ焼き付けたから いついつまでも私の脳裏から離れる事はないでしょう


あ~~~素晴らしい、雲間を漂いながら見え隠れする美しく黄金色に輝くリング!!!
何と表現したらよいのかしら? どこか懐かしい、そっ!エンゲージリングを貰った時の感動を思い出すような♪ 

「きゃぁ~~~すてきぃーーーー!」 「凄いなぁ~」 「あ~~感動するぅううう」 「ほ~~ぅ」

とにかくその瞬間 周囲から一斉に沸き起こった感動の声 ☆ 声 ★ 声 ☆ 


知らないもの同士だけど、自然に言葉を交わし

「良かったですねーーー見えて」「思ったより綺麗でしたね!」「どこからお見えになったのですか?」

人間て、本来こういう事なんでしょうね!?  共通の感動を共有したもの同士何故か親しみを覚え、 
「では、さようなら~~  気をつけてお帰りくださーーい!」


太陽が復元し始めると、みんなサッさと引き上げ始めたのは、
通勤途中の人が多かった事と、この時間帯の東京 いつもより薄暗く 風が強くとても肌寒かったからでしょうか
by pepe-garden | 2012-06-01 12:22