20114/07/14 山笠前日は結納の日♪

わが社で二組のカップルが生まれました ☆ ☆   いわゆる二つの社内結婚誕生です

そして、 私達夫婦は それぞれから仲人を頼まれました。

いまどき、仲人?? 確かに最近は仲人を立てない結婚が多いですよね!?
でもこの二組さん 偶然考え同じで 日本古来の伝統にのっとった結婚式をと決めたそうです。

もちろん、嬉しいことで私達は二つ返事でお引き受けし、今日はまず一組目の結納式と相成ったわけです。

場所はニューオータニ博多の和室。
 
男性側のご両親ははるか新潟から 女性側も山口県から、、、 雨が上がりホッとしました。


仲人を務めるのも何年ぶりかしら、、、、この頃はほとんど来賓出席ばかりでしたから 今日は少々緊張します

形式通りに結納品を飾り、仲人の口上、両家の紹介挨拶など  そのうち早くもお互い打ち解けてきました
打ち解けていただくようにするのも 仲人のお役目でしょう


一番最初に出される桜茶の中には それぞれ二輪の対になった桜が入っています。何と細かな気遣い。

次々運ばれてくるお料理も おめでたい今日の日の事をちゃんと考えてあります

幸せが逃げないようにと、お刺身も今日は蓋つき食器で。
そして蓋を取ると料理長の祝福の気持ちが 目に心に飛び込んできます

d0122187_1011105.jpg


  
 良く見ると、部屋のコーナーのスタンドは末広形のもの、生け花も実もついた花が活けてあります

日本の「おもてなし」とはこういう事なんですね!



たまたま今日は 博多のお祭りの日。重要無形文化財に指定されている「博多祇園山笠」の前日です。
記念日としては、忘れられない日となりました


ホテルのロビーの生け花にも こんなしつらえが施されています♪」

d0122187_10183262.jpg


同じくロビーの壁いっぱいに描かれたこの山笠の絵は、博多が生んだ「西嶋伊佐雄氏」の筆なるもの。
いつも見慣れている絵ながら、今日はさらに臨場感溢れ まるでこちらに迫ってくるようです

d0122187_10263167.jpg


これはホテル入口の飾り山
飾り山には表と裏があり、これは裏で大体アニメとかで子供向けに出来ていますが、反対側の表は歴史ものとなっていて こちらはまた勇壮です

d0122187_10274386.jpg


そして山(この飾りの事を山と呼びます)の前の番所(詰所)には期間中、法被の男衆が屯します。

d0122187_10454193.jpg


これらは数時間後には全て消え去り、街には平常の静寂さが、、そしてついに夏本番が到来するのです。



さぁーーー再来週の月曜日は二組目の結納式が またこのホテルで行われまーーす♪

おめでたい事が続くのは本当にうれしいものですね☆  

この秋は、久々に留袖の出番だわーーー♪♪♪


ママァーー大丈夫でつか??  相変わらず母親思いで心配性なぺぺです。

d0122187_11445983.jpg


 
by pepe-garden | 2014-07-16 10:59