2018/09/14 第一回国際ショパンコンペティション最終日

今回のポーランドの旅のハイライトは今夜のこのコンサート!!!

ポーランド国際広報文化センタープレスによると、「第一回ショパン国際ピリオド楽器コンクール」とも言うらしい。

以下をクリックしてご覧ください

嬉しくてつい何度も言ってしまいますが、私達のこの日のチケットは最終日の上位三人のウィナーズコンサートのチケットです

しかも前から三列目の舞台に向かって左側 ご存じでしょうがピアノ演奏会の時はこの位置が演奏者の手元が見えていいんですよね


見渡したところ、私達だけでなく、いい席はほとんど日本人が占めてるようです


d0122187_12443398.jpg

記念にと思った今夜のチケット、インターネットで購入したものだから、記念にするには少々味気ないですね(笑)

d0122187_12420163.jpg
                    

入り口での記念撮影はいつも私の定番                               
                                  
d0122187_12422341.jpg


d0122187_12424997.jpg



早く到着したつもりでも、この日の演奏を聴くために世界各国から集まって来た人達が すでに続々と詰めかけていて

日本以外の外国人の服装は ほとんどインフォーマルかフォーマルです

私はというと旅姿に、夜は冷えるからとコートを羽織って来たものの、会場内は暑くたまらない!!

とにかく喉が渇いたので、まずコーナー・ドリンクバーで冷えたシャンパンのミニサイズで 息子と二人喉をうるおしたつもりでしたが

d0122187_12430587.jpg
これがミスオーダー(ー_ー)!!  冷たく美味しかったシャンパン、後から効いてきて、益々体は熱くなるし、、、

丁度、超美人のお嬢さん達が、チョコレートと扇を配って回ってらしたので、さっそくこの扇を一本頂き大いに役立った。


開演になると撮影禁止だ。 そこで急ぎ舞台に近寄りスマホを向ける



d0122187_12432776.jpg

生まれて初めて目にするピリオドと呼ばれる古典ピアノ。

d0122187_12434744.jpg

なるほど、この材質は我が家にあるアンティークのスイス製のオルゴールの材質と同じだわぁーーー間違いなく。

我が家のちっちゃな卓上オルゴール。30年近く前、私が清水の舞台から飛び降りるつもりで購入したもの

今目の前にするこのグランドピアノの大きさ!! 値段はもちろん途方もなく高く、つけようにもつけられないはず!

今夜のコンサート、耳だけでなく目の保養までする事になる


d0122187_12435905.jpg

今年初めて行われたこのコンクールだが日本人も4人出場していたせいか、日本からの来場者も多くみられる

そして、なにより この日発表となった上位三人(二位が二人だったので、正確には上位四人)そのうちの一人がなんと、日本人!

これは帰国後見た日本の記事、

d0122187_12421241.jpg

盛岡出身の川口成彦さん、29歳、入選者の中では最高年齢者ではあるけど、私達の愛国心を差し引いても彼の演奏が一番

得も言われぬ味があり、円熟味溢れる演奏、そして弾き終わった後の会場内は



満員総立ち、スタンディングオベーションの拍手はいつまでも鳴りやまなかった


d0122187_12444953.jpg

素晴らしい演奏は心を震わせる。。。それを実感した夜だった


一生忘れる事の出来ない思い出が、この夜ワルシャワで一つ増えた ❤ ❤ ❤




by pepe-garden | 2018-10-07 14:44