2018/10/13  ワルシャワとクラコフの旧市街の違いって!?

キンモクセイと彼岸花とコスモスが 秋風の中で季節を謳歌しているようです

先月のポーランド旅行から帰国して早や一か月が経ち、今福岡の気温はあの出発時のクラコフの朝の気温と同じです

旅行レポートはまだまだ残ってはいますが、そろそろ終りにしなくては、、、、、

10月は大きなイベントが目白押し、一つ事に囚われている事は許されないはず。



今回の訪問地の中で、アウシュビッツは或る意味 耐え難い暗い過去を引きずり出すものだった。

ここまで出来る?という人間の残虐性の傷痕を見せつけられても信じられない、、、ブログアップなんて出来ないし、したくもない!

それにアウシュビッツに関してはほとんど写真もないので。

写真好きの私が一枚の写真も撮らなかったってことは、察して余りあると思います



ただワルシャワとクラコフの二つの都市の違う表情、、、その中でも両都市の旧市街の違いは記録に残しておきたいと思います


まずは、旅の前半に訪れたワルシャワ

ここは現在のポーランドの首都で、近代的な都会です

第二次世界大戦で、人も街も全てを失った悲劇の歴史を持つワルシャワ。

今その暗い面影は見当たりませんが、それには半世紀以上もかかった街の復興作業があったと聞きます

ドイツ軍によって壊滅的打撃を受け、ほとんど何も残されなかった街の中の一つ一つのかけら。 

瓦の破片一つ、石壁のかけら一つを丹念に拾い集め 破壊される前と全く同じ姿に復元したという奇跡的な旧市街です

(もちろん世界遺産に登録されています)

この中には車はもちろんは入れませんので、走っているのは馬車か観光用電気自動車のみです




d0122187_12324107.jpg




d0122187_08313370.jpg



d0122187_08315765.jpg


d0122187_12331950.jpg



次はクラコフです、

この街はワルシャワに首都が遷される前までは、ポーランドの首都であった街で

戦争でやられなかったという点でも日本の京都に似ているかもしれません


壊滅したワルシャワの街が 戦後新しく復興されたのに対し、

ここクラコフは、古い街並を補修しながら それを維持してきた不幸の中でも幸運だった街のようです

私的には、新しく造り直されたワルシャワの旧市街よりも、

昔の姿を維持しているクラコフの旧市街のほうに魅力を感じましたが、それは旧市街はそもそも古いから魅力があるってことでしょうか、、、



クラコフの旧市街は写真よりも、次の動画で旧市街中心の中央市場広場に立った目線で映像をご覧ください








ストリートミュージシャンが至る所で演奏していますが、とにかく素人の域を超えてる! と、思える達人ばかりです

いつの間にか何処からともなく聞こえてくるラテンミュージシャンの姿をカメラで探している私です










こちらはワイングラスに違う量の水を入れて、木琴でもなく、鉄琴でもなく、あえて言うならグラス琴?を奏でているご老人、笑顔が素敵だったわ

先日聞いた話ですが、これをグラスミュージシャンともいうそうです







最後に言える事は ワルシャワであれ、クラコフであれ、


そこには悲惨な過去も人間の犯した罪も 全てが時という大きな力で押し流され、今新しい時代が息づいているということです




考えてみると人間の営みは、、、過去も現在も。。。。おそらくは未来も・・・基本的には同じなのかも知れません










by pepe-garden | 2018-10-13 12:40